​検査装置

チップバーテスタ/

セミオート・マニュアルタイプ

LD2300CF

概  要

本装置はチップバー状態の長波長SOAアレーの電気特性、光学特性を自動に測定するLDテストシステムです。専用治具にSOAアレーをセットして、モニターカメラで位置調整を行い、自動で「I-L/I-V測定」「FFPV、H測定」「波長測定」を行います。

 測定対象

SOAアレー 共振器長:~6000μm、チップバー長:5~20mm

供給形態

・専用治具x1

 温度範囲

・20℃~95℃

設定項目

標準項目

・I-L/I-V測定、Ir/Vr測定(CW、Pulse)

・FFP測定(垂直)

・FFP測定(水平)

・波長測定:標準対応機器

 長波:ANRITSU MS9740B、YOKOGAWA AQ6360

※TM/TEフィルタは自動切換え。1530/1540/1550/1560nm各波長フィルタは手動切替え。(FFP測定)

※TM/TEフィルタ、1530/1540/1550/1560nm各波長フィルタは自動切替え。(波長測定)

 ​詳しく:

Copyright 2012 ALPHAX Co.,LTD. All rights reserved