​検査装置

TO-CAN LD温度特性試験装置

LD3600L

概  要

本装置はレーザーダイオードのTO-CAN状態で常温(25℃)、低温(-40℃)、高温(85℃)環境下での電気特性、光学特性を自動に測定するLDテストシステムです。治具ボードに200素子を実装して設置します。

設定した温度で200素子の特性を計測したら、次の温度に移行して温度安定後にその温度環境下で200個の素子の測定を行います。あらかじめ指定した温度パターンに基づいて自動計測を行います。

測定対象は長波/短波とも可能です。(事前指定必要)

特に長波(光通信用)のCANの評価装置として業界各社の高い評価を得ています。

LD3600Lは3600C型の実装素子拡大版で200個治具ボードx1式を装着して項目I-L/I-V、λ、FFP H、FFPVを測定します。

 測定対象

TO-CAN LD

※CAN形状、ピン数、極性配置はご相談ください

供給形態

・200素子(TO-CAN)実装治具ボードx1

温度制御方式・範囲

・ペルチェ、ヒーター、水冷チラーにより制御​

・-40℃~95℃

チャンバー試験室

測定室はチャンバー構造になっており、-40℃試験時には槽内に結露防止のため、

ドライエアー or N2ガスを充満させて測定します。

設定項目

・I-L/I-V測定(CW)

・Ir/Vr測定

・FFP測定 Far Field Pattern(水平)

・FFP測定 Far Field Pattern(垂直)

・波長測定:標準対応機器

 長波: ANRITSU MS9740B、 YOKOGAWA AQ6360

 短波: YOKOGAWA AQ6373B​

 ​詳しく:

Copyright 2012 ALPHAX Co.,LTD. All rights reserved